肥満は遺伝する?

肥満のおもな原因は生活習慣だと言われています。

しかし、その一方で「肥満は遺伝する」とも言われています。


何度ダイエットに挑戦しても失敗してしまう人からすると、「遺伝なのだから仕方ない」と思いたいところかもしれません。


 実際には、どうなのでしょうか?


世の中には「太りやすい体質」というものがあるのは事実です。

そして、「太りやすい体質」の人の家族に肥満の人が多いのもまた事実です。


しかしこの場合、その家庭の食生活習慣など別の要因も関係してくるので、それだけで「肥満は遺伝する」とは言えません。


ここは、やはり科学的な説明が必要になります。


通常、「遺伝子」と言われているのは、細胞の核の中にあるDNAの情報のことです。

このDNA情報に含まれるものは、血液型、性格など様々ですが、その中には身体に関するものもあり、そこには体質に係るものも含まれています。


 この「体質」には、当然、「肥満」も含まれるのです。


さらに、この肥満に係る遺伝子ですが、父親よりも母親の遺伝子のほうが多く影響すると言われています。


具体的には、「ミトコンドリア遺伝子」と呼ばれるものです。


ミトコンドリアは、体内のエネルギーを生産する役割を担っています。

と同時に、体内のエネルギーを消費する役割も担っています。


つまり、母親から受け継がれるミトコンドリア遺伝子の差は、消費されるエネルギーの差となり、その結果として、「肥満体質」になったりならなかったりするというわけです。


ただし、あくまでもミトコンドリア遺伝子は、肥満の要因のひとつでしかないので、このことだけで一生「肥満体質」から逃れられないというわけではありません。




関連記事

0 Comments

Leave a comment