FC2ブログ

光を浴びて体内時計をリセット

人間の脳には「体内時計」が備わっています。


体内時計というのは、簡単に言うと、「日中と夜とを区別するための時計」です。

日中は脳と身体が “活動状態” になるようにし、夜は “休息状態” へと切り替えるのです。


夜になって自然に眠くなるのは、この体内時計のおかげと言われています。


ですから、逆に言うと、この体内時計のリズムが狂ってしまうと、自律神経が混乱し、ホルモンの分泌も活発に行われなくなってしまいます。

当然、新陳代謝も悪くなるので、“太りやすい体質” になってしまうのです。


この体内時計のリズムを整えるためには、毎日一回、「体内時計をリセット」する必要があります。

さらに、もともとの人間の体内時計は25時間のリズムで動いています。

ですので、それを一日の長さである24時間周期に切り替えるためにも、毎日一回のリセットが必要なのです。


そして、このリセットに必要なのが、“朝の陽の光” です。


最近は、陽の光と同じ効果の強い光を浴びさせる 「光目覚まし時計」 や、目覚まし時計に連動してカーテンを開ける 「電動目覚ましカーテン」 という商品までがあるそうですが、とにかく、毎朝 “強い光” を浴びることが必要なのです。


  光目覚まし時計 >> 目覚まし時計 最新の寝坊対策は光で起きる inti SQUARE...

  目覚ましカーテン >> 太陽の目覚まし時計セット クワトロタイマー&電動カーテンレール セット


明るい光は交感神経を刺激し、心拍数と血圧を上げ、身体が目覚めるように働きかけます。

これは、光を浴びることにより、セロトニンという脳内物質が分泌されるためです。


このセロトニンは、夜になるとメラトニンという睡眠を促すホルモンに変わります。


日中にしっかりと活動し、夜は脳と身体を休ませるためにも、光を浴びて体内時計をリセットすることが必要です。


また、理想を言えば、毎朝起きる時間を一定にして、決まった時間に光を浴びたほう良いとのこと。


さらに、起床後1時間ぐらいは、陽にあたり続けたほうが良いのだそうです。





関連記事

0 Comments

Leave a comment