食べる順番を工夫してダイエットに役立てる

ダイエットを成功させようと思ったら、やはり、食べる量を減らさなければならないと思います。


「好きなだけ食べてダイエット」というダイエット法もあるようですが、きっと食べること以外に、何かしらの努力をしなければいけないに違いありません。

というわけで、一番手っ取り早いダイエット法方というのは、やはり「食べる量を減らす」ことだと思います。



しかし、これがなかなか難しいのです。



ご飯が美味しかったりすると、ついつい食べ過ぎてしまいます。

いったいどうすればよいでしょうか?



食べ過ぎないためには、何かしらの手段で、満腹感を得られればよいのです。

満腹感を得るためのサプリメントというものも数多く売られています。


しかし、サプリメントに頼らなくても、「食べる順番を工夫する」ことで、同じような効果を得ることもできるそうです。


少しの量でお腹がいっぱいになるようなものを先に食べるのです。


それは、何か?

ずばり、「副菜」と「汁物」です。


しかし、このダイエット法にあたっては、「主食」「主菜」「副菜」「汁物」というバランスのとれた食事をとっていることが大前提としてあります。


その上で、「副菜」と「汁物」を先に食べると、満腹感が早くに得られ、ご飯などを食べ過ぎないのです。


その理由は、「副菜」や「汁物」に入っている海藻や野菜が、消化吸収に時間がかかるからです。

これらを、先に食べることにより、その消化に労力を要し、早くに満腹感を得られるそうです。


是非、お試しください。


関連記事

0 Comments

Leave a comment