ダイエット ウォーキング

体脂肪を減らすためには、ウォーキングなどの軽い運動を食事のあとに行うとよいです。

食事によって増えた血液中のブドウ糖を減らすためです。


 では、このウォーキングのときに気を付けることは何でしょう?


答えは 「軽い気持ちで楽しく行うこと」 です。


体脂肪を燃やすためには、有酸素運動を行うことが必要です。

有酸素運動というのは、酸素をたくさん取り込んで行う運動、すなわち、息を止めない運動のことです。

ウォーキングを一人で行うと、ついつい、黙々と一生懸命に行ってしまいがちです。

そうすると、体内に取り込まれる酸素が不足がちとなり、体脂肪が燃えずに残るばかりか、疲労までもが身体に残ってしまいます。


ダイエットのためには、必死に速足で歩くのではなく、軽い気持ちで楽しみながらウォーキングを行うことが必要です。

一人ではなく、誰かと一緒にウォーキングするのも、ひとつの方法でしょう。

楽しくおしゃべりしながら歩くことにより、自然と酸素も体内に取り込まれることになります。





関連記事

0 Comments

Leave a comment