食べ過ぎのポイントを知るには?

「食べ過ぎると太ってしまう」とは、誰でもが考えることです。

では、どこまで食べれば、食べ過ぎということになるのでしょう

食べ過ぎでもないのに、太りたくない一心で食事を控えると、「必要エネルギーが足りない」という事態を引き起こします。

食べ過ぎであるかどうかというのは、要は、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスの問題です。


簡単に言うと、食べた量より消費する量が少ないときに、それは食べ過ぎということになるのです。


ですので、食べ過ぎのポイントを知るためには、自分の必要エネルギーを知っていなければならないことになります。


この必要エネルギーを算出するための計算式というものがあります。

 必要エネルギー
 =基礎代謝量×身体活動レベル



上記式にある「身体活動レベル」というのは、生活や仕事の態様によって決まる以下の数値のことです。

①身体活動レベル/低い=1.50
    : 一日中座って仕事をしている場合など
②身体活動レベル/普通=1.75
    : 座っていることが多いが、職場間の移動や、
    買物などの軽い運動がある
③身体活動レベル/高い=2.0
     : 移動の多い仕事を行っている。
    もしくは、スポーツを行う習慣がある


また、基礎代謝量は以下の計算式で求められます。

  基礎代謝基準値×体重

上記式の基礎代謝基準値は性別と年齢により、以下の数値になります。

年齢18~2930~4950~69
24.022.321.5
23.621.720.7


以下に具体的な計算例を示します。

【計算例】40代・男性・体重/65kg・身体活動レベル/普通の場合

  (22.3×65)×1.75=2536.6(kcal/日)

このケースの場合は、2536.6キロカロリーが一日の必要カロリーということです。


この必要エネルギーを予め計算して知っておくことにより、摂取エネルギー(=食べる量)を本当に減らすべきなのかどうかを知ることができます。


何度も繰り返し述べていることですが、ダイエットの理想は、摂取エネルギーを減らすことではなく、消費エネルギーを増やすことなのです。



関連記事

0 Comments

Leave a comment