FC2ブログ

楽天市場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠不足と肥満の関係

よく眠る人と、あまり眠らない人だと、どちらのほうが太りやすいでしょうか?


昔から「食べて横になると牛になる」とよく言われます。

  牛は、・・・太ってますよね。

あと、「なんか最近やつれたね。」「うん、よく眠れなくて。」などという会話もよく耳にします。

  やつれた =やせているイメージですよね。


このように考えると、睡眠不足状態が続くと、結果的にやせ細っていくような気もします。


ですが、これは大きな間違い です。


実は、睡眠時間が短くなるほど肥満の人の割合が上がっていくという統計結果があるのです。


  それは何故でしょうか?


最も大きな理由としてあげられるのは、睡眠不足によるホルモンバランスの崩れです。

睡眠不足により、食欲をおさえるホルモンの分泌が減ってしまうのです。

そして、いつも空腹を感じるようになります。


もうひとつの理由としては、睡眠時間が短いと脂肪の消費量が少なくなるということが言えます。

寝ている間は、身体と脳みそは休息をとっています。

そして、その一方で、内臓は休みなく活動を続けています

そして、脳みそのエネルギー源が糖分であるのに対し、内臓のエネルギー源は脂肪です。

つまり、寝ている時間が多ければ多いほど、脂肪の消費量が多くなるのです。


最後の理由ですが、寝ている間は食事をしないですよね。

つまり断食をしている状態と同じと言えます。




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク

PR

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
726位
アクセスランキングを見る>>

unique users

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。