FC2ブログ

おにぎりダイエットの秘密は、レジスタントスターチ

ダイエットのためには、温かいご飯ではなく、冷たいご飯を食べるようにしましょう。

その秘密は、レジスタントスターチという成分にあります。


レジスタントスターチというのは、ご飯の成分であるでんぷんの一種です。


最近になって、でんぷん(炭水化物)には、消化・吸収されやすいでんぷんと、消化されにくいでんぷんがあることが、わかってきました。


この「消化されにくいでんぷん」がレジスタントスターチです。


レジスタントスターチは、
温かいごはんが冷めると生成されます。



温かいご飯の場合は、でんぷんは小腸で完全に消化され、すべてがブドウ糖として吸収されるのですが、このレジスタントスターチについては、小腸では消化・吸収されずに、大腸までたどり着きます。

そして、最終的には、毒素やコレステロールなどを包み込んで、便として排泄されるのです。


そして、レジスタントスターチには、水に溶けない不溶性食物繊維としての働きがあります。

つまり、 便の量を増やし、満腹感を持続させ、お腹がすきにくくなります。

また、最後までしっかりと届いて、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えます。


ダイエットにこのレジスタントスターチを
利用しない手はありません。



お昼のご飯は、おにぎりにするか、お弁当を温めずに食べるようにしましょう。




関連記事

0 Comments

Leave a comment