腸内フローラと肥満との関係

NHKスペシャルなどにより、腸内フローラが、注目を浴びるようになりました。

以下は、NHKスペシャル番組ホームページ内の説明です。
お肌の調子が良くない、ダイエットの成果がなかなかでない・・・そんな時、あなたのお腹にいる“腸内フローラ”が影響しているかもしれません。“腸内フローラ”とは、腸の中に住む細菌たちの生態系のことを言います。腸の中には実に100兆匹以上、数百種類もの細菌が住んでいて、その細菌の出す物質が、私達の美容や健康に様々な影響を及ぼしていることが分かってきました。

簡単に言うと、腸の中には目に見えない小さな生物(細菌)がたくさん住んでいるということです。

そして、これらの細菌のことを総称して腸内フローラ(腸内のお花畑)と呼んでいます。


この腸内フローラと肥満との関係ですが、研究により、肥満の人の腸内フローラには、ある種類の細菌が少ないことがわかってきました。

それは、バクテロイデスと呼ばれる細菌です。

腸内の細菌は、我々が食べたものを分解して自分たちの栄養としているのですが、そのときにいろいろな物質を生成します。

バクテロイデスの場合は、短鎖脂肪酸という物質を生成します。

そして、この短鎖脂肪酸こそが、肥満を防ぐ物質なのです。


短鎖脂肪酸は、脂肪の吸収を抑えるばかりではなく、脂肪を燃焼させる働きまでもします。

こんなにも有能な短鎖脂肪酸を増やすには、いったいどうしたらよいのでしょう?

ひとつには、水溶性食物繊維をエサとして与えることです。
(水溶性食物繊維については、以前のブログをご参照ください。)

もうひとつは、短鎖脂肪酸そのものを摂取することです。

たとえば、フローラ健康科学研究所が開発した 善玉元気 などの「短鎖脂肪酸を主成分とした乳酸菌発行エキス」で補給するという方法があります。

ただし、腸内環境は排便のたびに元に戻ってしまうので、この場合には、毎日補給してあげることが必要になります。




関連記事

0 Comments

Leave a comment