みるみる若返る!「忍者マッサージ」



「月刊 からだにいいこと 3月号」
に次のような特集記事
が載っています。

 たるみを成敗!
 「忍者美肌
  マッサージ」


「忍者マッサージ」とは、聞き慣れない言葉ですが、実は、行っているのは、私のよく知っている先生です。


その先生とは、雑誌でも紹介されていますが、芳原指圧治療院の芳原雅司先生です。

芳原先生とは、都内にある合気道の道場で知り合いました。

先生の治療院は、その合気道場の近くにあります。


この「忍者マッサージ」ですが、雑誌にもかかれている通り、甲賀流の忍者が傷をいやすために、実際に使っていたものです。

芳原先生の「師の師」である小山田先生は、陸軍中野学校で訓練を受けた諜報部員(スパイ)でした。

そして、その小山田先生の師である藤田西湖先生は、「最後の忍者」(甲賀流忍術14世)と呼ばれた人なのです。

まさに正真正銘の『忍者』の術ということになります。


そして、この「忍者マッサージ」がたるみを取る秘密は、日本酒とツボ にあります。

日本酒をつけて、「忍者指」という形を作った手でツボ周辺をさすることにより、コリコリとしたツボが浮いてきて、さらにさすると数秒でコリがスーッと消えていきます。


日本酒に含まれるアミノ酸やペプチド、酵母の作用です。


日本酒を塗り、たるみをとるツボを15秒間さするだけ

甲賀流忍者秘伝の究極のマッサージを是非体験してみてください。






関連記事

0 Comments

Leave a comment