標準体重の計算方法

標準体重(kg)は、以下の計算式より求めることができます。


  身長(m)×身長(m)×BMI標準値


BMI標準値については、一般的には22とされていますので、これを当てはめると

  身長(m)×身長(m)×22

こちらが、標準体重を求める計算式になります。


例えば、身長155cmの人の標準体重は、以下のようになります。

  1.55(m)×1.55(m)×22=52.855(kg)

身長155cmの人の標準体重は、約53kgです。


さらに、一日に必要なカロリーは、体重1kgにつき25~30kcalと言われていますので、この標準体重である53kgを目指すのであれば、

  53×25=1,325
  53×30=1,590

より、一日に摂取できるカロリーは、1,325kcal~1,590kcalが上限となります。




関連記事

0 Comments

Leave a comment