FC2ブログ

楽天市場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット 糖類ゼロと糖質ゼロ

ダイエット中は、糖分の摂取を控えなければなりません。

そこで、発泡酒などを選ぶ際には、「カロリーオフ」「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」などといった表記を頼りに選ぶことになるのですが、見ての通り、各商品の表記のしかたには違いがあります。

  ダイエット中は、いったいどれを飲むべきなのでしょうか?

アサヒビールのサイトでは、「糖質」と「糖類」の違いについて、以下のように説明しています。

栄養表示基準によると、「糖質」、「糖類」は以下のようになります。
「糖質」とは、『炭水化物から食物繊維を除いたもの』の総称です。
「糖類」とは、『単糖類・二糖類』の総称です。『「糖質」から「多糖類・糖アルコールなど」を除いたもの』の総称とも言えます。
栄養表示基準では、総重量の中で、水分、アルコールの他、たんぱく質や脂質、ミネラル、食物繊維のいずれにも分類されないものは「糖質」となります。


少々専門的な説明となっていますが、数式で表すと、以下のような感じでしょうか?

糖質 > 糖類


「糖類」が、単糖類(ブドウ糖・果糖)と二糖類(砂糖・乳糖)の2つのみを指すのに対し、「糖質」の方は、単糖類と二糖類の他に、多糖類(オリゴ糖など)や糖アルコール(キシリトールなど)、甘味料までをも含んだ総称になります。

ですので、より糖分を控えなくてはならないダイエッターとしては、当然、『糖質ゼロ』の商品を選ばなくてはなりません

『糖ゼロ』の方は、甘味料などを使用している可能性があるからです。


ちなみに、カロリーに関する表記については、以下のようなルールがるようです。

  ・カロリー5kcal未満 ・・・『カロリーゼロ』または『ノンカロリー』
  ・カロリー20kcal以下・・・『カロリーオフ』




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク

PR

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
726位
アクセスランキングを見る>>

unique users

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。