豆腐ダイエット

ダイエットの成功例として、「私は豆腐だけを食べてダイエットに成功しました」という話をよく聞きます。


本当に、豆腐はダイエット食品に向いているのでしょうか?


日本豆腐協会のサイトを見ると、「豆腐を食べて体脂肪改善」 と題して、以下のように豆腐が紹介されています。

 体脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に大別されます。
 (中略)皮下脂肪は内臓脂肪が減らないと、なかなか減ってくれません。体脂肪を預金にたとえると、内臓脂肪は普通預金、皮下脂肪は定期預金にあたります。普通預金が多くあるのに定期預金を下ろす人があまりいないように、内臓脂肪が減っていかないと皮下脂肪は減らないというわけです。
 内臓脂肪は食事で摂るエネルギー量が少ないか、運動などによって脂肪の燃焼が多ければ、比較的減らしやすい脂肪です。
 (豆腐は)低エネルギーで、たくさん食べられることから、他の高エネルギー食品の食べすぎを防ぐことができるとともに、たんぱく質が豊富で、筋肉を増やして消費エネルギーを増やすといった作用があることから、体脂肪を減らすのに役立つ(成分が含まれた)食品といえます。

どうやら、豆腐は、ダイエット向けの食品のようです。


ところで、一口に豆腐と言っても、実は、豆腐にもいろいろな種類があります。


代表的なところは、「きぬごし豆腐」と「もめん豆腐」ですが、そのほかにも「厚揚げ」や「焼き豆腐」といった種類分けも可能です。


 そして、豆腐も、種類によってカロリーが違ってきます。


厚揚げや焼き豆腐は、手を加えている分、カロリーが若干高くなっているのではと、何となく想像はできます。

では、きぬごし豆腐ともめん豆腐では、カロリーが低いのはどちらでしょうか?


  答えは、きぬごし豆腐です。


もめん豆腐に比べると、きぬごし豆腐のほうが水分を多く含んでいるので、その分、カロリーが低いのです。

豆腐ダイエットを始めようとして、買う豆腐に迷ったときは、きぬごし豆腐のほうを選ぶと、より効果が期待できるかもしれません。





関連記事

0 Comments

Leave a comment