ダイエット 正しい立ち方

前回の「座り方」に引き続き、今回は正しい「立ち方」の話です。


正しい立ち方のポイントは以下のようになります。

 1)軽くあごをひく
 2)背すじを伸ばす(前かがみにならない)
 3)お腹に力を入れる
 4)かかと、拇指球に体重をのせる
 5)かかとから頭まで真っ直ぐな線上になっている

5) の 「かかとから頭まで真っ直ぐな線上になっている」 については、鏡に全身を映してチェックして見るのがよいのですが、そのような大きな鏡がない場合には、自然に立った状態で、自分の足元を見て、足の甲が見えているかどうかをチェックしましょう。

  足の甲が見えていないのは、
  腰が前に出て、「反り腰」になっているからです


足の甲が見える位置まで腰を引いて、真っ直ぐな線の上に立つようにしましょう。


もちろん、真っ直ぐな線は床に対して、垂直になります。




関連記事

0 Comments

Leave a comment