FC2ブログ

楽天市場

汗を搔くと痩せるのは本当?

ダイエットのために、サウナに入って、たくさん汗を搔いたという話をよく聞きます。


「汗を搔くと痩せる」というのは本当でしょうか?


そもそも、なぜ人間は汗を搔くのでしょう?


人間が汗を搔くのは暑いときです。


暑くなって体内で発生した熱を体外に放出することができないと、体温は1分間に0.1℃上昇すると言います。

すると、30分後には、体温は40℃に達してしまうのです。


その状態が長く続くと、熱中症となり、最終的には死んでしまうことになります。


つまり、汗を搔くのは、熱を放出するためであり、命を守るために行っていることなのです。


それが、多くは、「デトックス効果」という言葉のほうが大きく取り上げられ、汗を搔くことにより、“身体に不要なもの”を体外に排出し、“その結果、ダイエットに繋がる” というように考えられているようです。


しかし、汗の成分は99%が水分なのです。


そして、人体もまた、約60%が水分だと言います。


以上のことを考えると、汗を搔いた直後は、たしかに体重が減ることになります。

しかし、これは別の言い方をすれば “脱水状態” になったということです。


痩せることとは違います。


ダイエットとは、体脂肪を減らすことなのです。


水分を減らすことではありません。


そればかりか、やり過ぎると熱中症で死んでしまう可能性もあるのです。


汗をたくさん搔く運動については、そういった危険性も知った上で、行わなくてはいけないと思います。




ダイエットとストレッチの関係

ストレッチ系の運動は、ダイエットにどれほどの効果をもたらすのでしょうか?


一般に、「運動で痩せる」といった場合、そこには “脂肪を燃焼させる” というイメージがあります。

その一方で、ストレッチ系の運動はゆっくりとしたものが多く、あまり “脂肪を燃焼させる” というイメージはありません。


そう考えると、ストレッチにダイエット効果はあまりないようにも思われます。


しかし、世の中には「ストレッチダイエット」と呼ばれるものが数多く存在しているのも事実です。


結論から言うと、ストレッチにもダイエット効果はあります。

ただし、“短期間でみるみる痩せる” というわけではありません。


ストレッチによって得られるダイエット的な効果は、「血行促進」そして「基礎代謝力のアップ」です。

このことにより、徐々に “痩せやすい体質” へと変わっていくのです。


では、燃焼系のはげしい運動を行っている人は、どうでしょうか。

もう十分に運動をしているので、ストレッチのような “緩い運動” は必要ないでしょうか。


実は、むしろ日常的にはげしい運動をしている人ほど、ストレッチを念入りに行わないといけないと言われています。

「運動前の準備」「運動後の調整」という位置づけにはなりますが、このストレッチを行うことにより、トレーニングの効果は飛躍的に上がるのだそうです。


運動後の筋肉痛を和らげたり、疲労の回復を早める効果に加え、リラックス効果までが望めます。


短期間のダイエットを目指している人も、有酸素運動のあとにストレッチを行い、体脂肪を残らず燃焼させるイメージを持つと良いかもしれません。


ストレッチを行うについて注意すべき点は、次のようになります。

  ・ゆっくと行う(急に筋肉を伸ばさない)
  ・反動をつけない
  ・痛みが生じない範囲で行う
  ・伸ばしているときは、呼吸を楽にする

伸ばしている時間は、だいたい15秒~30秒ぐらいが一般的です。


より多く伸ばしたい場合には器具などを用いることもありますが、運動の調整程度であれば、器具は特に必要ないでしょう。




肥満は遺伝する?

肥満のおもな原因は生活習慣だと言われています。

しかし、その一方で「肥満は遺伝する」とも言われています。


何度ダイエットに挑戦しても失敗してしまう人からすると、「遺伝なのだから仕方ない」と思いたいところかもしれません。


 実際には、どうなのでしょうか?


世の中には「太りやすい体質」というものがあるのは事実です。

そして、「太りやすい体質」の人の家族に肥満の人が多いのもまた事実です。


しかしこの場合、その家庭の食生活習慣など別の要因も関係してくるので、それだけで「肥満は遺伝する」とは言えません。


ここは、やはり科学的な説明が必要になります。


通常、「遺伝子」と言われているのは、細胞の核の中にあるDNAの情報のことです。

このDNA情報に含まれるものは、血液型、性格など様々ですが、その中には身体に関するものもあり、そこには体質に係るものも含まれています。


 この「体質」には、当然、「肥満」も含まれるのです。


さらに、この肥満に係る遺伝子ですが、父親よりも母親の遺伝子のほうが多く影響すると言われています。


具体的には、「ミトコンドリア遺伝子」と呼ばれるものです。


ミトコンドリアは、体内のエネルギーを生産する役割を担っています。

と同時に、体内のエネルギーを消費する役割も担っています。


つまり、母親から受け継がれるミトコンドリア遺伝子の差は、消費されるエネルギーの差となり、その結果として、「肥満体質」になったりならなかったりするというわけです。


ただし、あくまでもミトコンドリア遺伝子は、肥満の要因のひとつでしかないので、このことだけで一生「肥満体質」から逃れられないというわけではありません。




スポンサードリンク

PR

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
839位
アクセスランキングを見る>>

unique users

カウンター