FC2ブログ

楽天市場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン、メールはダイエットの敵?

ダイエット中は、就寝前1時間を過ぎたら、パソコンやメールを操作してはいけないと言われています。


 液晶画面の光が睡眠を妨げてしまうからです。


以前のブログで、ダイエットのためには、質のよい睡眠をとることが大切であるという話をしました。

そして、この質のよい睡眠には、メラトニンという物質の分泌が必要であることが知られています。


メラトニンの分泌は、夕方から始まります。

その分泌量は、夜に向かって徐々に増えていき、そして、眠気を引き起こすのです。


ところが、このメラトニンの分泌は、一定以上の明るさの光を浴びると中断されてしまいます

その結果、それまで行われていた睡眠の準備も中断されてしまうのです。


メラトニンが再び分泌されるには時間がかかります。

ですから、就寝前1時間を過ぎたら、パソコンの液晶画面を見たり、メールのチェックをしてはいけないと言われています。


では、パソコンや携帯の画面を暗くしたり、遠く離して使用すればよいのかというと、確かにその通りなのですが、そこまで努力するのであれば、寝る1時間前までにパソコンや携帯の作業を終わらせるよう努力しても同じような気がします…。


いずれにせよ、「明るい画面は睡眠を妨げ、睡眠の妨げはダイエットによくない」 ということだけは覚えておきましょう。




スポンサーサイト

ファイトケミカルのはたらき

ファイトケミカルをご存知でしょうか?

ファイトケミカルというのは、野菜や果物・豆などに含まれている化学物質のことです。

そして、ファイトケミカルは、「抗酸化」のはたらきをします

抗酸化については、以前のブログ「マイナスイオン水にダイエット効果はあるのか?」でも触れましたが、活性酸素が過剰に発生しないように抑えるはたらきのことです。

 
人の体も、鉄と同じように放っておくと、酸化して(サビて)しまうのです。


そして、酸化とは、物(鉄や人の体)が酸素と結合することです。

その酸素の中でも特に強力なのが、活性酸素です。

抗酸化というのは、この活性酸素を抑えることであり、すなわち、免疫力を高めることでもあります。

そして、野菜や果物・豆などに含まれる化学物質の中に、抗酸化力を強めるはたらきをするものがあることが知られ、それらのことをファイトケミカルとよんでいます。

ファイトケミカルの中では、緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド、ニンジンに含まれるカロテンなどが有名です。


野菜や果物・豆などを多く取り入れ、ファイトケミカルのはたらきで抗酸化力、免疫力を高め、ダイエットしやすい体を手に入れましょう。




ダイエットに効く、雑穀米

今食べている白米を雑穀米に変えるだけでもダイエットになります。

雑穀米とは、白米や玄米に、きびやあわ、ひえなどの雑穀を混ぜて炊いたものです。

縄文時代前期は、日本では雑穀と野菜、魚介類を主とした食生活を送っていたと言われています。

そして、この雑穀には、次のような効果があることが知られています。

  ①善玉コレステロールを増やし、脂質の代謝をよくする
  ②ミネラルや食物繊維を多く含んでいる
  ③体内の毒素を吸着し、体外に排出する


さらに、雑穀米は白米に比べると硬めであるため、自然と噛む回数が増えることになります。

すると、以前のブログでも触れた「満腹中枢」というものが刺激されて、少量でも満腹感が得られるのです。

その結果、食欲が抑えられ、間食が減り、ダイエットに効きます。


それでも、やっぱり適度にやわらかいものが食べたい場合には、発芽玄米用の炊飯器を利用するという手があります。

発芽玄米用の炊飯器は高圧力で炊き上げるため、雑穀米の旨みや甘みも引き出されます。


また雑穀米を選ぶときは、精白されたものよりも、精白されていない茶色のものを選ぶようにしましょう。

精白されていないもののほうが栄養が豊富で、噛みごたえもあります。




スポンサードリンク

PR

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
615位
アクセスランキングを見る>>

unique users

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。