FC2ブログ

楽天市場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光を浴びて体内時計をリセット

人間の脳には「体内時計」が備わっています。


体内時計というのは、簡単に言うと、「日中と夜とを区別するための時計」です。

日中は脳と身体が “活動状態” になるようにし、夜は “休息状態” へと切り替えるのです。


夜になって自然に眠くなるのは、この体内時計のおかげと言われています。


ですから、逆に言うと、この体内時計のリズムが狂ってしまうと、自律神経が混乱し、ホルモンの分泌も活発に行われなくなってしまいます。

当然、新陳代謝も悪くなるので、“太りやすい体質” になってしまうのです。


この体内時計のリズムを整えるためには、毎日一回、「体内時計をリセット」する必要があります。

さらに、もともとの人間の体内時計は25時間のリズムで動いています。

ですので、それを一日の長さである24時間周期に切り替えるためにも、毎日一回のリセットが必要なのです。


そして、このリセットに必要なのが、“朝の陽の光” です。


最近は、陽の光と同じ効果の強い光を浴びさせる 「光目覚まし時計」 や、目覚まし時計に連動してカーテンを開ける 「電動目覚ましカーテン」 という商品までがあるそうですが、とにかく、毎朝 “強い光” を浴びることが必要なのです。


  光目覚まし時計 >> 目覚まし時計 最新の寝坊対策は光で起きる inti SQUARE...

  目覚ましカーテン >> 太陽の目覚まし時計セット クワトロタイマー&電動カーテンレール セット


明るい光は交感神経を刺激し、心拍数と血圧を上げ、身体が目覚めるように働きかけます。

これは、光を浴びることにより、セロトニンという脳内物質が分泌されるためです。


このセロトニンは、夜になるとメラトニンという睡眠を促すホルモンに変わります。


日中にしっかりと活動し、夜は脳と身体を休ませるためにも、光を浴びて体内時計をリセットすることが必要です。


また、理想を言えば、毎朝起きる時間を一定にして、決まった時間に光を浴びたほう良いとのこと。


さらに、起床後1時間ぐらいは、陽にあたり続けたほうが良いのだそうです。





スポンサーサイト

短期間で痩せたあとは

世の中には、「短期間ダイエット」「集中ダイエット」などと呼ばれるダイエット法が存在します。


「短期間で痩せるなんで無理だ」と言うつもりはありません。


それなりの努力と我慢をすれば、短期間で痩せることは十分可能だと私は思うのです。


ボクサーが、その良い例です。

ボクサーは、目標の日までに、自分の身体を目標の体重に仕上げます。

「食事制限」と「運動」によってです。


また、「断食道場」のようなところに籠もっても、短期間で痩せることができます。

しかし、断食を一生続けることは不可能です。


個人的には、「食事制限」を一生続けるのは不可能だと思っています。


自分一人だけで生きているわけではないので、必ずどこかで無理が生じると思うのです。


そして、ダイエットに大事なことは「食事制限」よりも「運動」の方だと考えています。


具体的には「筋肉をつける」ことです。


筋肉をつけると身体が太くなるというイメージが強いと思いますが、実は、脂肪の燃焼機関として考えると、筋肉はとても優秀なのです。

筋肉をつけておくだけで、休んでいる間に、勝手に脂肪を燃焼してくれます。


そして、この筋肉は短期間でつけることはできません。

途中で挫折してしまう人もとても多いです。


しかし、挫折せずに、筋トレを1年、2年と続けていくことができるのなら、身体は、自然と痩せ体質になっていきます。


短期集中的に、努力と我慢を続けて痩せるのも有りだと思います。

しかし、その場合、短期集中で痩せたあとに行き先を見失ってしまうこともありそうです。


やはり、楽して痩せたいのならば、筋肉をつけることだと思います。


そのためには、筋肉をつけることが習慣化されるまで、ある程度の期間は努力しなければなりません。


楽して痩せるためには、はじめから楽してはいけないのです。

腹筋台・シットアップベンチの比較@おすすめランキング

ダイエット中の買い物

ダイエット中と言えども、何も食べないわけにはいきません。


また、外食メニューは高カロリーのものが多いので、なるべく家で調理して食べるようにしたいところです。

勤務先の昼食もできるだけお弁当を持参するようにします。


そして、そのための食材の買出しはと言うと、ついつい余計なものまで買ってしまう ものなのです。


これを何とかして防ぐ方法はないものでしょうか?


まず思いつくのは、「あらかじめ買うものをリストアップしていき、それ以外のものは絶対に買わない」 という方法です。


しかし、実際には、リストがあろうがなかろうが、ついつい予定外のものまで買ってしまいます。


 何故でしょう?

  それは「食べてみたくなる」からです。


しかも、食べたみたくなるものは、デザートやお菓子など、ダイエットとは程遠いものです。


この買い過ぎを防ぐためには 「空腹状態では食品売り場に行かない」 ことです。


余計なものまで買ってしまうのは、お腹が空いているからなのです。


その他の方法としては、「必要なものが買えるだけのお金しかもっていかない」 という方法も考えられます。


さらに、「荷物が重くなるのが嫌だなと思えるぐらい遠くにあるスーパーまで買い物に行く」 という方法もあります。


ダイエットを成功に導くためには、ちょっとした工夫が必要なのです。


スポンサードリンク

PR

ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2590位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
726位
アクセスランキングを見る>>

unique users

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。